タイ生活情報

タイ在住者の【タイの水事情】生活水・ペットボトル飲料水・料理の水について

生活に欠かせない水。日本とは違うので不安になる方もいるかと思います。私もそうでした。気になる生活水や飲料水についてまとめました。またタイには様々な種類のペットボトル飲料水が売られています。ドリンキングウォーターとミネラルウォーターのパッケージも記載しています。タイ生活や旅行の際の参考にしてみてください。

タイの水道水には細菌や不純物が含まれている可能性が高いと聞いたことがあると思いますが、水質自体は基準を満たしています。水道の蛇口をひねるまでにつながる水道管に問題があり、水道管が劣化していたりひびが入ってそこから汚水や細菌が混じってしまいます水道水を飲む目的で建築工事をしていないため、日本の様な綺麗な水が蛇口から出ないのですね。実際にタイのアパートに住んでみて、天井からの水漏れもよく聞きます。料理の際にも水道水は使わずに、ペットボトル水や浄水器で調理します。これはタイ人もおなじです。当然お米をとぐのも浄水器の水を使います。食器を洗う時は、我が家は水道水を使って洗剤で洗ってから浄水器で1つ1つすすいでいます。しかし水道水のみで洗う日本人家庭もたくさんいます。飲食店でも食器を洗う際はわざわざ浄水器を使うところは少ないです。直接飲む以外はあまり気にしなくていいのかなと思います。幼稚園や学校やデパートなどのトイレの手洗い場も水道水ですしね。私は外食の際のために必ずウェットティッシュは持ち歩いています

ドリンキングウォーターとミネラルウォーター(蒸留水)の2種類がある

ドリンキングウォーター
水から不純物を取り除いて浄水したもの(日本の水道水)
 Nestle 
     
 
ミネラルウォーター
天然の湧き水をボトルにつめたもの(日本のペットボトル水)
ゆの

好みによりますが私は

ドリンキングウォーターならNestleNestle

ミネラルウォーターならMinere

が飲みやすいです。

料理の水はどうするの?浄水器とペットボトル水

一番気になる料理の水ですが、基本は浄水器の水で調理しています。

お茶を沸かす・野菜を洗う・茹でる・氷を作る・カレーを作る薬を飲む、などなど・・・・浄水器は欠かせません。ドリンキングウォーターと浄水器の水質検査計の数値はほぼ同じなのでペットボトル水と同じ感覚で使用できます。浄水器は会社やプランよりますが月に1000バーツ前後です。浄水器を付けていない家庭はペットボトル水で調理しています夫婦世帯やお子さんが小さかったりするとペットボトル水で調理する方が安くついたりします

飲食店の飲料水

飲食店では水も有料です。お店によりますが1本大体20~30バーツです。500㎖のペットボトルとコップで出される事が多いです。屋台で無料で提供される水は水道水の可能性もあり、水でお腹を壊す事もよくあります。また屋台の有料の水に付いてくる氷も水道水の可能性もありますので氷は飲まない方が無難かもしれません。旅行の際も常にペットボトルを持っておくと安心ですね。

歯磨きやシャワーや洗濯などの生活水は?

タイの水の硬度は120mg/Lです。(日本は60mg/L以下)水分中に含まれるマグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が多いため、シャワー時にまれに髪がきしんだり肌が荒れたりする事ががあります。我が家はトラブルはありませんし水道水のシャワーを使う家庭がほとんどです。これからタイに住む方で皮膚が弱い方や気になる方は日本の硬度に合わせるシャワーヘッドも取り付けられるので安心してください。歯磨きは我が家は浄水器の水を使っていますが浄水器を設置する前は問題なく水道水でしていましたタイで生活している日本人家庭でも意外と、水道水で歯を磨く家庭は多いです。実際に飲むわけでわないのであまり神経質にならなくても大丈夫かと思いますが、ホテルなどで気になる方はペットボトルの水を使ってくださいね

まとめ

日本とは事情が違うので、はじめは不便な事もありますが、旅行の際はコンビニやスーパーや小さな商店など、どこにでも大抵のお店で水は置いてあります。価格も日本に比べるとかなり安いので購入しやすいです。タイは年中暑いのでカバンにペットボトル水を入れておくと安心です。生活水についても浄水器の種類もたくさんあり日本と変わらないレベルで生活できます。これから来泰する方も安心して来てくださいね。